アロマテラピーの楽しみ方

〜アロマテラピー検定テキストより〜


アロマテラピーに用いられる、精油のさまざまな利用法について紹介します


芳香浴法

精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です。

・ティッシュペーパーやハンカチに1~2滴垂らしてデスクや枕元に置きます。

・アロマポットやアロマディフューザーなど、専用器具を用います。



沐浴法

精油を入れた湯に全身または一部を浸ける方法です。

入浴の効果に精油の効果が加わることで、相乗効果が期待できます。

・浴槽に適温の湯をはり、精油を落とし、よくかき混ぜてから浸かります。

・精油の使用量の目安 全身浴1~5滴、半身浴・手浴・足浴1~3滴

※ 肌に刺激を感じた場合は直ちに流してください。



吸入法

精油成分を鼻や口から吸入することで、呼吸器系の不調を緩和する方法です。

・お湯に精油を1~3滴落とし、立ち上がる香りの湯気を目を閉じながら吸い込みます。

※ 精油成分が粘膜を刺激することもあるため、長時間の吸入は避けましょう。

※ 飲まないようにしてください。



フェイシャルスチーム

顔に精油成分を含んだ蒸気をあてることにより、血行を促進し、皮膚に潤いを与えます。

・洗面器などに湯をはり、精油を合計1~3 滴加え蒸気が逃げないようバスタオルを頭からかぶり、目を閉じてゆっくり呼吸します。


湿布法

湯(または水)で温めた(または冷やした)タオルなどの布を、

身体の一部にあてる方法です。

一般に、温湿布は肩こり、腰痛、生理痛など慢性のトラブルに、

冷湿布は急性のトラブルに効果的とされています。


・洗面器に湯(または水)を入れ、精油を1~3滴落とします。タオルを縦に二つ折りし、

中央部をたるませて湯(または水)をすくい取るようにして付着させます。

精油を含む面が内側になるように折りたたんでから軽くしぼり、湿布する部位に当てます。

※ 精油は水に溶けにくいため、皮膚に直接触れないよう注意し、湿布する時間の長さにも気をつけましょう。

また、目の周りや皮膚の弱いところへの使用は控えてください。



トリートメント法

精油を希釈したトリートメントオイルを身体や顔に塗布する方法です。

リラクセーション、保湿、整肌、血行促進、筋肉の凝りをやわらげるなどの効果があります。

・植物性のオイルをベースに、精油を1%以下(フェイスの場合は0.5%以下)の濃度になるように混ぜたトリートメントオイルを、肌にやさしく塗布します。

※ 使用する方の健康状態に合わせて、事前にパッチテストを行ってください。

Rasfeelアロマ教室

自分スタイルで学びたい大人向けのアロマのお教室 Rasfeelアロマ教室はこんな方にオススメです アロマを知るきっかけづくりをしたい方 趣味として香りを楽しみたい方 香りを使って日常を楽しみたい方 ・(公社)アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー資格認定教室

0コメント

  • 1000 / 1000